27歳で婚約破棄された私が結婚するまでのあれこれ

婚約破棄から這い上がったアラサー女の失恋や婚活について、今だから冷静に語れるブログ

婚約破棄や失恋を「受け入れる」とはこういうことです!

大好きだった人と別れた悲しみは、今まで生きてきた中でトップクラスです。

一体いつから別れに向かってしまっていたのだろうかと何度も何度も思い返しました。

そして別れに向かわない為にどこかでやり直せるならやり直したいと思いましたが、到底無理なことでした。

 

絶対に結婚すると思っていた人からフラれ、死にたかったけど死に切れず…。

短い期間の中で、生きている意味をこれでもかというほど考えさせられました。

そしてなぜか婚姻届をもらったときのことや、付き合った当初のこと、ありとあらゆる楽しい想い出が毎日頭の中を駆け巡り、涙って枯れないんだということも知りました。

 

こんな感じで、わたしは立ち直ることができるのか?と不安な毎日でしたが、「苦しみながら生きるなんて地獄」ということにある日ようやく気づいたのです。

なので今回は、わたしなりに考えた失恋から立ち直る方法を書いていきたいと思います。

 

 

婚約破棄(失恋)から立ち直る第一歩

まずは受け入れることから始めましょう。

 

受け入れるってなに?

そんなことわかってるよ!

と思う人もいるかもしれません。

 

でも、本当にあなたはその事実を受け入れられているでしょうか?

・「なんでこんな目に遭わなければならなかったのか」

・「なんで自分はこんなにツライのか」

・「なんで私だけ不幸なのか」  

こんなループの中にいませんか?

 

この中にいるとき、大体の人はまだそれを受け入れられていません。

事実は突きつけられたけど、受け入れられていない状況にあると思います。

 

わたしも長ーーーーい間、この中にいました。

 

婚約破棄した方が悪い?された方が悪い? 

わたしはフラれてからずっと、A氏が100%悪いと思っていました。

・「突然別れを告げたA氏が悪い」

・「結婚適齢期になった女と結婚する覚悟がないのにずるずる付き合っていたのが悪い」

・「婚約したのにわたしをフったA氏は最低」

・「長年付き合って家族同然のわたしを捨てるなんて頭がおかしい」

こんなことばかりずっとずっと考えていました。

 

ハタから見たら27歳で婚約破棄されたわたしは可哀想な人です。

周りもみんな同情してくれました。

 

でも、本当にそうなのでしょうか。

本当にわたしに非はなかったのか? あるときから考えるようになりました。

 

そしてわかったことがあります。

 

わたしは真剣に彼のことを愛していたけれど、

彼の求めていたものと違った

彼にとって重い存在だった

彼が結婚して幸せにしてあげたいと思う女性ではなかった

 

ということです。

これはまぎれもない事実で、だから関係は終了しました。

長年築いてきた二人の関係性において

至らなかった点がわたしにもたくさんあったということの結果です。

 

どちらかが「悪い」わけじゃないんですよね。

 

こうやって思うことができたとき、初めて楽になりました。

 

すべてを人のせいにすると、他力本願になる

自分がこんなに苦しくてツラくて寂しい思いをしているのはのは、すべてわたしをフったA氏のせいだと思っていたとき、わたしは「悲劇のヒロイン」になっていました。

そうなってしまうと

「こんなにツライのだから、いつか誰かいい人(王子様)が現れて、わたしを幸せにしてくれる」

といった考えになってしまいがちです。

 

婚約破棄された、突然振られた、浮気された、いろんなシチュエーションで、

すべて100%人のせいなんてきっとないと思います。(暴力とかは話は別です)

自分と相手がいて成り立つ関係なのだから、相手だけのせいにするのは考え方として危険だと思うんです。

 

すべてを人のせいにしてしまうと、ただただ自分が可哀想で、自分は何も悪くないのに不幸な出来事が起こって、そこから抜け出させてくれる何かを待って…

自分の力では前を向くことができなくなってしまいます。

 

自分の人生なのに、全部人のせい、あるいは人まかせ、運まかせなのっておかしいですよね。

 

前を向くために

婚約破棄や失恋、何かから立ち直るとき、それはもうものすごく苦しいです。

これはわたしも身をもって経験したから本当によくわかります。

毎日泣いて泣いて泣いて、ずーっとそのことを考えて、

何もする気が起きなくて

この世の終わりのような感覚を味わいました。

 

でも、この世は終わらなかったし、なんなら自分の人生も終わらなかった。

だから「生きる」しかないんです。

生きるしかないなら、前を向きたいし、楽しく過ごしたいし、幸せになりたい。

起きたことすべて人のせいにするんじゃなくて、

「自分の人生の中でこんな道に進んでしまったこと」を受け入れることが必要だと思いました。

これに気づくことができたら、その先は明るいです。だって自分の思考次第でどうにでもできるから。

これをきちんと心で気づくことができないとずっとずっとツライと思います。

 

失恋から立ち直りたい、前を向きたい、彼氏に依存するのをやめたい、結婚したい、婚活がつらい、浮気されて男性不信になってしまった、元彼が忘れられない、復縁したい、恋愛のトラウマがある

いろんな悩みがあるとは思いますが

まずは起きたことをきちんと受けとめて

自分の非も認めて

その上で、自分が変わる為、前を向くために行動すること

これが大切だと思います。

 

事実と向き合うのは簡単なことではないです。

でも、ずっとずっと誰かのせいにして過ごしても、なかなか前に進めません。

とっても苦しくて難しいことですが、自分を幸せにするためには自分で起き上がらなければいけないんですね。

 

 

↓ 失恋から立ち直るのに必須のバイブル!