27歳で婚約破棄された私が結婚するまでのあれこれ

婚約破棄から這い上がったアラサー女の失恋や婚活について、今だから冷静に語れるブログ

婚活パーティーの実態!PARTY☆PARTYの内容と、知っておくべきポイントをまとめてみました

わたしが婚活にいそしんでいたとき、婚活パーティーに毎週のように行っていました。 

いろいろなパーティーに参加しましたが、その中でも特に東証一部上場企業のIBJが運営するPARTY ☆PARTY(パーティーパーティー)に多く参加してきたので、今回はその内容、感想についてまとめていきます!

なんとこのPARTY ☆PARTY、月間参加者数は60,000人を超えているそうです。そんな人気パーティーの実態を本音でレポートしちゃいます!

 

 

パーティー探し〜申し込み

まずは公式HP PARTY☆PARTY で参加したい日にどんなパーティーがあるのか探します。 

 そして気になるパーティーがあったらぜひ気にして見てほしいのが↓コレです。  

  • 何対何のパーティー?
  • 男女それぞれ残り何席?
  • パーティーのタイトル 

それぞれ詳細を見ていきましょう。

 

何対何のパーティー?

パーティーによって設定された人数は違います。

6対6、8対8、10対10、12対12、15対15などさまざまです。

「あまり人数が多いと疲れてしまうかも…」という人は6人か8人くらいが良いと思います。

逆に「一度にたくさんの人と出会いたい」という人は10人以上のパーティーがいいですね。

しかしここで気をつけてほしいのが

この人数が絶対に集まるとは限らないことです。

次のポイントと共に説明します。

 

男女それぞれ残り何席?

HPには各パーティーについての情報が載っていますが、そこに

「男性残り1席・女性残り2席」

という現在申し込み可能な席数が書いてあります。

わたしはコレを申し込みするときの目安にしていました。

 

例えば3日後開催のパーティーで、「女性残り1席」に対し男性の欄に特に何も記載がなかった場合、

男性の席にはまだ余裕があるということになります。

また、「女性残り1席」に対し「男性残り3席」という場合でも注意が必要です。

3日の間にその3席が埋まるかわからないので、

行ってみたら男女比が7対10の可能性があります。

わたしはまずそういうパーティーはすぐに申し込まず、様子を見ることにしていました。

 

しかし残念ながら、当日までに「満席」になったパーティーなのに、

当日行ってみると当初の設定よりも人数が少ないなんてこともありました。

キャンセルが出ることもあるでしょう。

しかしHPに記載されている申し込み者数がどこまで正確に反映されているのか、というのも疑問なところではあります。

ある程度仕方ないことだと割り切るしかありません。

「確実に設定された人数で開催されるとは限らない」と思っていた方が不満が出ずに済むと思います。

 

パーティーのタイトル

開催予定のパーティーにはそれぞれタイトルが付いています。例えば

「高学歴&高身長・いつでも味方でいてくれる男性が大集合」

こんな感じです。

高学歴や高身長は(嘘をついていない限り)会ってみたらわかることなので良しとして、

いつでも味方でいてくれる というのはかなり抽象的ですし、

それを証明する術もないので「なんとなくタイトルとして付けている」と思っていた方がいいでしょう。

 

わたしは高身長限定のパーティーに行ったこともありますが、

それでも身長170cm以下の方もいました。

年齢についても「男性28歳〜35歳位」というパーティーで、38歳の方や39歳の方がいたこともあります。

パーティーのタイトルはあくまでも主催者側が付けているキャッチコピーに過ぎませんので、がちがちに信じていかない方が無難だと思います。

 

これらのポイントを念頭に起きつつ申し込みをしてみることをオススメします!

 

パーティーの内容はこんな感じでした

その当時、パーティー当日会場に着いてからプロフィールカードを手書きするパターンと

事前にサイト上で登録しておいたプロフィールがタブレットに反映されるタイプのパーティーとがありました。

まだそのときは手書きのことが多くて、時間ギリギリに到着してきた男性は間に合わせで雑に書いていて印象が悪くなってしまう、なんていうこともよくありましたよ。

調べると最近はすべて端末上で見られるよう、事前のプロフィール登録をすることになっているみたいですね。

当日バタバタとしてくて良いですし、字の印象に左右されないのも有難いかもしれません。

 

こちらはわたしが参加したタブレットを使った個室パーティーの内容です。

  1. 受付を済ませ、案内された席に着く
  2. 個室にはタブレットが置いてあり、席に着いたらそれを見てどんな男性が参加するのかをチェックしながら開始時間まで待機
  3. 同じ個室からスタートする男性が入ってきたので軽く挨拶(その後お互いタブレットチェック)
  4. 開始時間になり司会者からパーティーの流れの説明
  5. パーティースタート
  6. 1人あたり7〜8分のトークタイム
  7. 男性が順番に回ってくる
  8. 印象に残った人をメモできるので使いたいが、入力時間が全然ない
  9. 事前に用意されていた連絡先カード(5枚)をトーク中気に入った人に渡せるが、いつ気に入る人がくるかわからないから出し惜しみする
  10. 一周回ったらどの男性が好印象だったかタブレットで3人選び「いいね」アピールをする
  11. 誰が自分に「いいね」してくれたかを確認する
  12. それを踏まえて最後にカップリングしたい人を3人選ぶ
  13. カップリングした人が番号で発表される(今は個別に知らせるようで、全員の前で結果発表はしないということになったようです) 
  14. カップリング成立した人は残り、不成立の人は先に会場から退出
  15. 時間差でカップリングした人が退場し、会場の下で待ち合わせる

パーティーによって細かい内容は異なります。参加人数が多いときはトークタイムが3分なんてこともありましたし、カップリング成立しないと連絡先は渡せないというシステムのときもありました。

連絡先交換のルールについては、それぞれのパーティーの詳細に記載されているのでチェックしておいた方が良いでしょう。

 

パーティーの感想を本音で語ろう

婚活パーティーは本当にいろいろな人と出会えるので、わたし個人としては面白いなと思っていました。

たくさんの人と話すので疲れるのは事実なのですが、大体1時間半から2時間程度のことですし、そこまで気に病まずに何度も行っていましたよ!

 

トークタイムが8分くらいあると落ち着いて話せるので良いです◎

しかし例えば8人と話すとして、3人目くらいまではなんとか印象も覚えていられるのですが、4人、5人と増えていくうちにだんだんと誰が誰だかわからなくなっていきます。

本当は印象をきちんとメモしておきたいのですが、なにせ1人の方とトークが終わったらすぐに次の方が来るので、まったくそんな余裕はありません。

運営側もあまり時間が押したりすると困るので、男性の移動についてはけっこう焦らせてきます。仕方のないことなんですけどね…。

 

そして連絡先交換カードを導入している回については、わたしは若干気まずいなと思っていました。

それは相手がカードをくれたときに、自分は渡さずにただ受け取るだけのときが気まずいです!!

でも絶対に連絡しないだろうという人に渡すのもなんか違うし、無闇やたらに渡していざ渡したい人のときに無くなっていたらヤダし…みたいなモヤモヤがありました。

 

あとわたし、実はカップリング成立後ビルの入り口で待ち合わせ…というときに

誰も来なかったという悲しい経験が2度ほどあります。

もちろんカップリングしたのにですよ!?

あれにはへこみましたね…カップリングしておいて待ち合わせに来ないって、

カップリング率を上げるためのサクラだったの?

それとも適当に番号選んで下に行ったらわたしだったからスルーして帰ったとか!?

なんていろんなこと考えましたよね。。。

まぁ、真相はわかりませんがごくごく稀にそういうこともあるかもしれません。

 

わたしは都内の個室会場のパーティーに参加することが多かったのですが、会場もキレイだし仕事帰りに行けるパーティーもたくさんあったので、本当に何度もお世話になりました。

何度もパーティーに参加するうちに、人数の変動や参加者がパーティータイトルとそぐわないことなどを経験し、「そういうものだ」と思えるようにもなりました。

過度に期待せず行けばいいかなと思います。

あくまでもわたしの感想ですので、口コミのひとつだと思って参考にしてもらえたら幸いです!

↓ どんなパーティーがあるか、ぜひサイトをチェックしてみてくださいね。

PARTY☆PARTY