27歳で婚約破棄された私が結婚するまでのあれこれ

婚約破棄から這い上がったアラサー女の失恋や婚活について、今だから冷静に語れるブログ

カジュアルな大人は何着て行く?「婚活ファッション」はコレで決まり!

わたしには婚活のとき悩みに悩んでいたことがあります。

それはずばり

服装です。

 

カジュアルファッションをこよなく愛する30代のわたしは

大げさじゃなく本当にこの「洋服問題」に苦労しました。 

 

まず

OLっぽい格好

きれいめファッション

女子アナ系ファッション

ふんわり系

これらすべて、わたしの好みではありません。

こういった洋服を着たこともないし、持ってもいないです。

 

誤解しないでくださいね、

好みは人それぞれなのでこれらの格好を否定するわけではありません。

しかも、こっちの格好が似合う方や、好きな系統がそれならいいんです!

その方がどちらかというと男性から好感持たれるし、婚活の場にもふさわしいし。

わたしも女性らしい格好が好きだったらな…と、本当に何度も思いました。

 

しかしですね、長年培ってきたファッションの好みは簡単には変えられません。

でも、そのままの格好で婚活の場に行くことはデメリットしかないのです。

一体どうしたらいいのーーー?!涙目

ということで、今日はカジュアル女子が婚活に行くときのファッションについて書いていこうと思います!

 

 

 

「自分らしく行きたい」気持ちは一旦置いておく 

婚活の場にできるだけ相応しい格好で行きたい気持ちはあるけど、それを邪魔するものって一体何なんでしょう?

いつもと違う格好で行くのは、本当の自分じゃないみたいで嫌

いつもと違う雰囲気の自分で男性に好かれても意味がない

いつもと違う格好がそもそも好みじゃないから買いたくない

いつもの自分の格好のテイストが好きな人と出会いたい

こんな気持ちだと思います。

 

しかしですね、もしいつもの自分の格好(かなりカジュアル)で婚活に行ったとして、

それって

 

「わたし普段こういう格好なんで、コレをこのまま愛してくれる男性じゃなきゃ

出会ったって意味ないんですよ。だから、みんながMORE系の格好してフェミニンな

雰囲気アピールしても、わたしはわたしなんで、いつもと服装変えてまで誰かと出会お

うとか思ってないです」

 

と言ってるようなものだと思うのです。

 

もしも男性が

「普段の格好はカジュアルなので、スーツとかかっちりした格好って嫌いなんです。

今日はそのままの自分で出会わないと意味ないと思って、会社帰りなんですけど、

いつもの自分の格好に着替えてから来ました」

って言ったらどう思いますか?

 

そこまでして普段の自分を見せたい?

みんな会社帰りでほぼスーツなんだから、私服は次のチャンスがあったらでよくない?

こういう場で絶対私服にこだわるとか、ちょっとずれてるし、しかも頑固…?

 

とか思っちゃいますよね。

 

だから自分も、ある程度周りから浮かない程度の洋服で行くことを心がけていました。

いつもの自分とは違うかもしれませんが、それを知ってもらうのは仲良くなってから

でも遅くありません。

 

「実は普段はもっとカジュアルな服装なんだ」

「◯◯の洋服が好きなんだけど、そういうテイストって好き?」

と、のちのち話せば良いのです。

話す前にダメになったって格好のせいではないし、もし話してみて「今みたいな格好じゃないと君のことは好きになれない」とか言われたら、それまでじゃないですか。

中身や話した感じの相性よりも服装重視ということなら、いろんな意味で終了です。

すごく良いな、ステキだな、合うな って思う人だったら、服装は二の次にできるんじゃないでしょうか。

 

まずは出会うために婚活の場に出向くので、相応しい格好で行くのがお互いのためだと思います。

 

わたしもはじめは抵抗がありましたが、だんだん

ちょっときれいめな格好=婚活の制服

と思えるまでになりましたよ!

男性でいうところのスーツだと思えば割り切れますよね。

 

トップスは素材と色を考えて女性らしさを意識する 

婚活時に限り自己満な服装への執着を捨て、

ちょっとでも「きれいめ」に見える服装をするようになったわたしですが、全部を変えることはしませんでした。

 

婚活を始めたばかりの頃は、とりあえずワンピースが妥当だろうと着て行ったりもしましたが、

「別にパンツスタイルでもキレイめファッションはできる」と思い、普段パンツスタイル派のわたしは、そこだけは譲らないことにしました。

 

細身のテーパードパンツ(ユニクロ)+女性らしさを感じるトップス

 

これがわたしの基本制服です!

トップスのバリエーションを増やして着まわしていました。

 

素材と色のバランスを考えて、

「カジュアル派の自分がそこまで嫌悪しないキレイめな格好を意識する」

ことがポイントです。

 

例えば

・リブニットやニットは身体のラインが見えて女性らしい印象を与えられる

 → 色はネイビーやグレー、黒などが無難(白やピンクは女子アナっぽくなる)

 

・とろみ素材のブラウスは女性らしさ抜群の必須アイテム!

 →どんなカラーでもパンツと合わせればキレイめにキマるから白、黒はマストで、パステル系もあると◎

 

・何にしても基本的には無地が無難

こんな感じです。

 

わたしは婚活のほとんどを、このニットととろみブラウスのローテーションでなんとかしていました!

夏になったら半袖ニット、半袖や五分袖のとろみブラウスでいけるので、あまり悩まずに済みましたよ。おすすめです。

 

自分を犠牲にしすぎず、ちょっとした工夫を凝らすのが◎

普段はトートバッグやリュックで会社に行っているようなわたしでしたが、

婚活の日は制服に則って、無難に黒のレザーバッグで行くようにしていました。

 

靴はヒールが良いのか?と一瞬悩みましたが、

ヒールはあっても2〜3cmのものにしていました。

なぜなら、普段あまりヒールを履かないので痛いからです!ただそれだけです!カジュアル女子あるあるです!

 

ぺたんこ靴よりも、ちょっとでもヒールがあった方が見ためは良いので

ヒール無しで行くときは、ポインテッドトゥのパンプスにしていました。

子どもっぽさ(カジュアル感)を緩和してくれます。

こんな風にちょっとした工夫をして、婚活という場に溶け込むよう地味な努力をしていたのでした。

 

以前ネットをうろうろしているときに、わたし同様カジュアル女子の方が「婚活に何着て行けばいいのかわかりません!」って言っているのを見かけたことがあります。

わたしも本当にコレが定着するまではいろいろ試行錯誤しました。。。

婚活にはゆるふわ系の方や、お天気お姉さんみたいな方がたくさんいて、

「あ…わたしやっちゃったな」と思ったことももちろんあります。

でもこの制服を決めてから悩むことがなくなったし、これでもその中で闘ってこれました!

最低限、場に合わせたキレイめを心がけて制服をつくってみてください。

パンツスタイルはダメ、フェミニンじゃなきゃ浮く、なんてことはありませんのでご安心を!