27歳で婚約破棄された私が結婚するまでのあれこれ

婚約破棄から這い上がったアラサー女の失恋や婚活について、今だから冷静に語れるブログ

「婚活垢さん仲良くしてください」から抜け出せる人とそうでない人

今日は婚活している人に

「これがわかると、ちょっと変わってくるよ!」

という話をします。

 

✳︎注:もし婚活垢の番長がいたら読み進めないでください。気分を害しても責任とれません。

 

 

 

ダイエットの伴走者にどちらを選ぶ?

例えばダイエットをするとして、

〈Aさん〉

自分と同じような体型

食の誘惑に弱い(誘われたら断れない)

言い訳が多い(今月飲み会が多くて〜など)

あまり成果が出なくても慰め合ったり、ダイエットのツラさを共有できる

頑張ったご褒美はドカ食い(3キロ痩せたらホテルのスイーツビュッフェ行こう)

〈Bさん〉

ダイエット成功者で自分より痩せている

ダイエットに必要なポイントを教えてくれる

自分が負けそうになったとき(ときには厳しく)助言してくれる

頑張ったご褒美は目標のサイズの洋服

一緒に頑張るならどちらとがいいですか?

 

この間読んだダイエットの本に、似たようなエピソードがありました。

 

ダメな習慣をしている人の日記を読んでも意味がないし、

うまくいくわけがない。

本気で痩せようと思うなら、痩せている人の習慣を見習おう」と。

 

これには本当に納得してしまいました。

 

婚活アカウントはAさんが大好き 

わたしは婚活を始めてすぐのとき、某SNSで婚活垢をつくりました。

そのときは「婚活仲間がほしい」「みんなの活動を見て、自分も頑張りたい」と思っていたからです。

でもそこは思っていたものとはちょっと違いました。

 

ほぼほぼ、愚痴……???

 

わたしも婚活中は散々愚痴を言ったし、婚活友達と「反省会」をするのが楽しみでもありましたよ。

婚活にはかなりのストレスがかかることも、よーーくわかっています。

だから愚痴を言うことが悪いと言っているわけではありません。

「愚痴を吐き出したい」

「婚活のツラさを共有したい」

 そのためにはAさんの存在も必要だということも理解できます。

でも、Aさんとはお互いに高め合っていける存在ではない

ということに気づいているでしょうか。

 

ダイエット中にAさんとばかり絡んでも

「食べたいの我慢することほどストレスかかることないよ!今日だけ食べちゃおー!」

「体重落ちないのは停滞期のせいだから仕方ないよね」

「生理前だから食欲やばいよー」

「明日こそ絶対運動する!会社早く上がれたらだけど」

こんな感じでお互いを甘やかすだけなのが目に見えます。

 

「婚活垢さん仲良くしてください!」

とは、こういうAさんのような存在を増やす行為ですよね。

 

なぜ Bさんと仲良くしないの?

わたしは、本気で痩せたいならBさんと絡みたいです。

「摂取カロリーに対して消費カロリーが不足しているから、この運動を何分くらいを目安にやった方がいいよ」

「いつもカロリーを気にして食べるのはストレスだから、週に1回はチートデーをつくるといいよ」

など、努力してダイエットを成功させたBさんの経験から基づく知恵をお借りしたいと思います。

 

どうみても、Bさんに頼ったり相談しながら頑張る方が

少しでも目標に近づくことができ、自分を高められる

ということは一目瞭然です。

 

それなのにBさんの知恵を借りたいと思わない人がいます。

その心理は

・私の欲しいもの(スリムな身体)が手に入っているのが単純に悔しい

・私とBさんの体型はもともと全然違うし、その方法で痩せられるかわからないから聞きたくない

・Bさんは痩せててスタイルいいけど顔は私の方がカワイイから、上から目線でアドバイスされるとムカつく

私の方がもっとキレイに痩せられるはずだから、Bさんの力を借りずに自分のやり方で痩せて羨ましがられたい

こんなところでしょうか。

 

これってそのまま婚活に置き換えるとこんな感じです。Bさんは婚活垢さんから仲良くしてもらえません。

・私は婚活に苦しんでいるのに、結婚して幸せそうなBさんを見て悔しい

・私とBさんの恋愛は全然違うし、Bさんの話を聞いても自分がうまくいくとは思えないから聞きたくない

・Bさんは結婚できたけど旦那のスペックが微妙だし、私ならそんな人と結婚しない。私の方がカワイイしモテるから、ただ既婚というだけで上から目線でアドバイスされるのは御免

・私の方がもっとハイスペ・イケメンの旦那を捕まえられるはず。Bさんの力を借りずに自分のやり方で婚活して、人が羨ましがる相手と絶対結婚する 

いやいやいやいや、ひねくれがすぎます!!

そんな考え方してたら、一生幸せになれませんよ!!!!

どう考えても婚活垢さんはBさんと仲良くなるべきです。

 

経験し、乗り越えた人の話を聞ける心を持つ 

本気でやっているなら、とりあえず先人の方々の話を聞いてみましょうよ!

あなたが本気で痩せたい!絶対痩せたい!ってとき、ダイエットに成功した人の話を

聞いて、参考にしたいと思いませんか?!

 

それともAさんと

「わたしたちこんなに頑張ってるのになんで痩せないんだろうね〜?」

「目標設定が高すぎるのかなー?」

「こんなに努力しても、世の中に美味しいもの多すぎるからうまくいかないんだよね。だからうちらは何も悪くない」

「◯◯ちゃんはこんなに頑張ってるから絶対結果出るよ!」

って言い合ってる方が意味あるって、本気で思いますか???

愚痴の言い合いや慰め合いはダメではないです。

こんなに仲間がいるって思って安心することもダメではないです。

でも、うまくいった人を認めることができない、その人の話を聞けない

そのマインドをちょっと修正しましょうよ

と、わたしは思うのです。

それこそが「婚活垢はこじらせてる」と言われるひとつの要因のような気がします。

 

既婚者のアドバイス=上から目線ではありません

既婚者=マウントをとるわけではありません

 

なにも

「大学のときからの彼と24歳で結婚して、今は夫と子供2と幸せに暮らしています」

という人の話を進んで聞けと言っているわけではないのです。

 

わたしなら、もともと太らない体質で太ったことのない人より

過去太ってたけど努力して痩せてキープしてる人に、パーソナルトレーナーになってもらいたいです。

  

わたしは婚約破棄されてから結婚するに至るまで、メンタルと向き合う系のものや、

婚活、結婚の書籍・ブログをかなり読みました。

そこには同じようにツライ経験をした人の苦労や努力、わたしたちへのヒントがたくさん書かれています

そして「目標のために今自分は何をするべきか」ものすごく考えさせられました。

本気で何かを目指すとき、こうしたインプットは必要だと思います。

 

自分の主張だけするのではなく、自分を甘やかしてくれる人とだけ絡むのではなく、

もっと婚活について読んだり、聞いたりしてほしいです。

Aさんと仲良くするのはダメではないけど、ちゃんとBさんとも仲良くできるようになるべきです。

そうすれば、必ず今よりも一歩先に進めると思います。

  

今日のこの記事を読んで「あ、なんかわかった」と思った方は、きっとちょっと変わってくるはずです。

ただただ不快に思った方は、ごめんなさい。

 

 

↓ 本気で結婚したい人の、自分改革の教科書